トップページへ戻る

略記・祭

略記

御祭神 藤原鎌足公

舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていました。
この時、中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は強い志を抱いて、国家の正しいあり方を考えていました。

たまたま飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、
聡明な皇太子として知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、
西暦645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行いました。
後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなりました。

ここに鎌足公は真の日本国を発想し、日本国が世界に誇る国家となるため、一生涯を国政に尽くしました。
天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いことを知った天智天皇は、みずから病床を見舞い、
大織冠(たいしょくかん)を授けて内大臣に任じ、藤原の姓を賜りました。
藤原の姓はここに始まります。

鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立しました。
大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。

藤原氏族一覧(一例)

文化財・社宝について


主な祭典と年中行事

祭典日は都合により変更されることがあります。

月次祭…本社1・11・17日/総社23日

日時 祭典名 付記
1月1日
午前10時
元旦祭 -
1月3日
午前9時
元始祭 -
2月3日
午前10時
節分祭 -
2月11日
午前9時
紀元祭 -
2月17日
午前10時
祈年祭 -
3月第2日曜
午前10時
三天稲荷初午祭 於・三天稲荷神社
3月12日に近い日曜日
午前10時
八講祭 於・神廟拝所
4月第2日曜 神幸祭 -
4月23日
午前10時
総社春季大祭 於・総社
4月29日
午前11時
春のけまり祭 けまり奉納は蹴鞠の庭
6月第2日曜日 鏡女王祭 於・東殿
6月第4日曜日 観音講まつり 於・神廟拝所
6月30日
午後3時
夏越大祓式 於・祓戸社前
8月14日
午後5時30分
献燈祭 拝殿吊燈籠の点灯は6時より。
8月第4日曜
午前10時
献書祭 -
9月23日
午前10時
総社秋季大祭 於・総社
10月第2日曜
午前10時
嘉吉祭 -
11月3日
午前11時
けまり祭 けまり奉納は蹴鞠の庭
11月17日
午前10時30分
例大祭 -
11月23日
午前10時
新嘗祭 -
12月31日
午後3時
年越大祓式 於・祓戸社前

.

神幸祭(じんこうさい)

神幸祭は、談山神社の数多くの祭の中で唯一、神輿渡御のある祭です。 春の大祭とも呼ばれ、境内の桜が見頃となる4月の第2日曜日にとりおこなわれます。 ただし、神輿渡御は一年おきにあり、その他の年は本殿での神事のみとなります。


.

けまり祭(けまりまつり)

藤原鎌足公が飛鳥法興寺の蹴鞠会(けまりえ)において中大兄皇子とはじめてまみえ、 「大化改新」の発端となった故事にちなんで行われるたいへん雅びな祭です。 現在は毎年、4月29日(昭和の日)と11月3日(文化の日)に行われます。
→蹴鞠について


.

鏡女王祭(かがみのおおきみさい)

藤原鎌足公の奥方・鏡女王(かがみのおおきみ)をおまつりする、東殿の例祭です。
鏡女王は容姿端麗で和歌に優れ、興福寺建立にも関わった才色兼備の女性で、鎌足公と共に藤原氏一族繁栄の礎を築き上げました。
現在は縁結びの神様として知られています。


.

献燈祭(けんとうさい)

献燈祭はお盆(8月14日、夕刻)におこなわれます。 本社の吊燈籠や境内の石燈籠に一斉に火をともして、祖霊をおなぐさめする幽玄な祭です。


.

嘉吉祭(かきつさい)

嘉吉祭は古く室町時代にはじまります。 南北朝合一ののち永享7年(1435)、南朝の遺臣が多武峰に拠って兵を起こしたため、 同10年(1438)8月、足利幕府の大軍がこれを攻め、兵火によって一山が焼失しました。 この兵火を避けて御神体を一時、飛鳥の橘寺に遷座しましたが、 3年後の嘉吉元年(1441)9月にもとの多武峰に帰座しました。

寛正6年には勅使が派遣され、嘉吉元年の御神体奉還の日をもって祭が営まれることになりました。 そのために祭の名も嘉吉祭となりました。 そして御神体の帰座を喜んだ一山の人々が 多武峰の秋の収穫物をととのえて供えた神饌を百味の御食といい、画像はその一部です。

現在は毎年、10月第2日曜日に斎行されています。


.

例大祭(れいたいさい)

例大祭の行われる11月17日は御祭神・藤原鎌足公の命日にあたり、 談山神社にとって最も意義深い祭です。

当日は南都楽所(なんとがくそ)によって、本殿石の間で舞楽が奉納されます。