談山神社へいこう

談山神社へいこう

謂われ

御祭神 藤原鎌足公(談山神社由緒)

飛鳥・法興寺で行われたまりにおいて出会った中大兄皇子 (後の天智天皇)と中臣鎌子(後の藤原鎌足)が、藤の花の盛りの頃、当社本殿裏山で極秘の談合をされました。
『多武峰縁起』によれば、「中大兄皇子、中臣鎌足連に言って日く。鞍作くらつくり(蘇我入鹿)の暴逆をいかにせん。願わくは奇策をべよと。中臣連、皇子をひきいて城東の倉橋山の峰に登り、藤花の下に撥乱反正の謀を談ず。」と記されています。この談合により、皇極天皇4年(645)飛鳥板蓋宮で蘇我入鹿を討ち、中央統一国家及び文治政治の完成という歴史的偉業を成し遂げられました。
多武峰はこの後、談峯・談い山・談所が森と呼ばれるようになり「大化改新設合の地」の伝承が残りました。現在の社号の「談山神社」もここからきています。
天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いと知った大皇は自ら病床を見舞い、後日、大織冠内大臣という人臣の最高位を授けられ、藤原の姓を与えました。藤原氏は、ここから始まります。鎌足公の没後、御墓は摂津国 阿威あい山(現在の大阪府高槻市)に造られましたが、白鳳7年(678)唐より帰国した長男・定慧和尚が鎌足公の遺骨の一部を多武峯山頂に改葬し、十三重塔と講堂を建立して妙楽寺と称しました。さらに、大宝元年(701)方三丈の神殿を建て、鎌足公の御神像を安置しました。これが談山神社の始まりです。

境内マップ

現在、準備中です

お掃除一緒にしませんか

6月5日(土)朝9時から約1時間、東大門前の清掃奉仕を行います。

自由参加ですので、ご参加いただける方は東大門でお待ちしております。

詳細・お申し込みは神社までお問い合わせください。

0744-49-0001(8:30~17:00)

オンラインでのお問い合わせ・お申し込み

神職と一緒に大祓詞を奏上しませんか

神職と一緒に大祓詞を奏上しませんか。

談山神社では、拝殿において朝拝を行なっております。

どなたでも自由にご参列できます。

お待ちしております。

詳細・お申し込みは神社までお問い合わせください。

0744-49-0001(8:30~17:00)

オンラインでのお問い合わせ・お申し込み

ご祈祷・正式参拝について

祈祷の様子
祈祷とは、拝殿にて神職を通じて感謝の気持ちや様々な願いを神様に祈り願う儀礼です。
談山神社では、毎朝ご神前でご奉仕しております。
ご奉仕の祈祷の中で、お申し出の内容を神職がご神前で祝詞を奏上します。
祈祷のお申し込み時に授与するご神符をご家庭にお祀りいただき、日々お参りしていただければと存じます。

祈祷内容

等、各種ご祈祷を承っています。

受付時間

受付時間:9:00~16:00(西入口受付にて)

ご祈祷・正式参拝料

玉串料 5,000円~
※ご祈祷、正式参拝をされる方は入山料は不要です。
※10名様以上で講話を行うことが出来ます。またお1人様+300円で観音様の特別開帳が可能です。
※初宮参りは10,000円~、ご兄弟での七五三参りはお一人当たり4,000円~となります。

主な授与品

現在、準備中です

アクセス